ORAL

口腔外科とは

歯科の治療で主な対象になるのは歯ですが、『口腔外科』の治療の主な対象となるのは、顎関節症、親知らずの抜歯、歯の破折、口内炎、腫瘍など顎や顔面などに現れる病気であり、口の中の病気だけとは限りません。この分野の病気になると、食事、発音、会話などが思うようにいかず、不便を感じることがあります。また、症状によっては顔が変化することがあります。顔という最も目立つ部分に、機能的にも審美的にも問題が生じてしまうことで、ショックを受ける患者さまもいらっしゃいます。しかし、口腔外科分野で歯科とは異なる専門的な治療を行なうことで、機能性・審美性が回復しやすくなります。心身の健康を取り戻していただき、再び明るい笑顔を見せていただけるよう治療させていただきます。

主な治療内容

顎関節症

顎関節は下顎を動かす関節のことです。慢性的な顎の痛み、口の開閉困難、カクカクという動作音などを感じる場合は、『顎関節症』の可能性があります。それにともない、頭痛、耳鳴り、肩こり、腰痛、不定愁訴(漠然とした身体の不調)など、口周りだけでなく全身の症状が現れることもあります。顎関節症になる主な原因には、噛み合わせの悪さ、全身の筋肉のねじれ、骨の歪み、歯ぎしりなどの悪習癖、ストレスなどがあります。また、それらが組み合わさっていることも珍しくはありません。口を開ける訓練、装置の使用、悪習慣の断絶などで治療できますが、症状や原因を考慮したうえで患者さまに合う治療方法を選ぶことが大切です。顎関節症を改善することで、全身のつらい症状も改善され、健康を取り戻すことができます。お悩みの方はぜひご相談ください。

親知らずの抜歯

『親知らず』は上下左右の一番奥に生えてくる歯ですが、すべての方に生えてくるとは限りません。1本だけ生えたり、存在していても骨の中に埋まっていて生えてこないということもあります。「親知らずは抜かなければならない」と思っている方が多いようですが、正常に生えて、隣の歯や噛み合わせに悪影響がなく、きちんと歯磨きできるのであれば、無理に抜く必要はありません。しかし、磨き残しが出てしまうような生え方をしているときには、虫歯や歯周病の発症、隣の歯への圧迫、噛み合わせの悪化など、全身の健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、抜いた方がいいといえます。抜歯の必要性は、患者さまの口の中を検査し、親知らずの生え方や神経との位置関係などを考慮したうえで判断します。親知らずの痛みやその周りの歯肉の腫れが見られる方、また、特別な症状がなくても生え方が気になるという方は、ぜひ一度ご来院ください。

よくあるご質問

口を開けるときにカクカクと音がし、顎の関節が痛みます。どうしたら治りますか?
顎の関節には、関節円板というクッションの役目をする部分があります。この関節円板のずれや関節炎など、関節周りで不具合が起きていると考えられます。原因は、噛み合わせの悪さや歯ぎしりなどの悪習癖などさまざまです。治療は開口の訓練、スプリント(顎関節治療用マウスピース)の装着、薬剤の使用などがあり、それらを組み合せて行なうこともあります。気になる症状がある方は放置せず、ぜひご相談ください。
親知らずは抜かなければならないのですか?
正常に生えて、隣の歯や噛み合わせに悪影響がないのであれば、抜く必要はありません。しかし親知らずは、一番奥に生えているため磨きにくく、磨き残しが出てしまい、虫歯になる危険性の高い歯です。虫歯になったり痛みが出た時は抜いた方がいいでしょう。骨の中に埋まっている親知らずに痛みが出ることがありますが、その場合は早急に抜くことをお勧めします。
口内炎がなかなか治らず困っています。どうしたらいいですか?
口内炎には、周囲が赤く中心に潰瘍のあるアフタ性口内炎、ウイルスによって発症する口内炎などがあります。通常、放置していても1~2 週間で治ります。市販薬もあるのでそれを利用することもできます。それでも治らないときは他の病気である可能性も考えられるで、すぐに受診してください。
ページトップへ