GENERAL

虫歯とは

口の中にはたくさんの細菌がおり、食べかすに含まれる糖を栄養分として酸を作ります。虫歯は、その酸によってエナメル質(歯の表面)の成分が溶け出す『脱灰』という作用により、歯に穴があいてしまう病気です。

ただし、唾液の中には脱灰した部分を修復する成分が含まれているため、ごく初期の脱灰であれば自然に元の状態に戻ります。これを『再石灰化』といいます。この脱灰と再石灰化は繰り返されますが、飲食の回数が多いなど、歯に糖が付着している時間が長いと脱灰が進み、再石灰化が追い付かなくなってしまいます。こうなると歯は元の状態に戻らなくなり、穴があいてしまいます。これが本格的な虫歯の始まりであり、この段階になると自然に元に戻ることはありません。

虫歯の進行

虫歯は段階によって症状や治療方法が異なります。軽症であれば簡単な治療ですみますが、
重症になるほど治療が複雑になって治療期間や治療費がかかり、患者さまの負担になってしまいます。
それを減らすためには、早期発見、早期治療が大切です。各段階の症状を知り、虫歯が疑われたらすぐに治療を受けましょう。
また、日頃からの丁寧な歯磨きや定期検診の受診で、発症や進行の予防に努めましょう。

  1. Flow01

    初期

    エナメル質(歯の表面)に穴があきます。見た目は変わらず、自覚症状もありません。丁寧に歯磨きしていれば、再石灰化で自然に元の状態に戻ります。

  2. Flow02

    中期

    エナメル質に穴があきます。見た目でわかりますが、自覚症状はありません。患部を削って詰め物で補います。

  3. Flow03

    後期(前半)

    虫歯が象牙質(エナメル質の内側の歯の主要部分)まで進行した状態で、冷たいものや甘いものがしみます。患部を削って詰め物や被せ物で補います。

  4. Flow04

    後期(後半)

    虫歯が歯髄(神経や血管の束)まで進行した状態で、炎症や激痛が出ます。根管治療(歯髄の通っている根管という管を清掃・除菌して薬を詰め、被せ物で補う治療)を行ないます。

  5. Flow05

    末期

    歯冠(歯の上部で歯肉の上に出ている部分)が破壊した状態です。歯髄も壊死しているので痛みはありません。抜歯してインプラント、ブリッジ、入れ歯などで補います。

よくあるご質問

痛みはないのですが、歯の溝が黒くなってしまいました。虫歯ですか?
虫歯の初期段階の可能性が高いですが、見た目だけで進行の程度を判断するのは困難です。虫歯であってもこの段階で治療を行なえば簡単にすみ、治療期間や治療費がそれほど負担にはならないので、すぐにご来院いただくことお勧めします。
詰め物が取れてしまったのですが、どうすればいですか?
取れた詰め物をお持ちであればご持参ください。その部分が虫歯になっていなければ、取れた詰め物で補って元に戻せます。詰め物をなくしてしまったら、型をとって詰め物を作ります。取れたまま放置すると虫歯が進行してしまうので、すぐにご来院いただくことお勧めします。
妊娠中でも治療を受けられますか?
妊娠の可能性がある方や妊娠中の方は事前にお申し出いただき、歯科医師と十分ご相談し、納得したうえで治療をお受けください。安定期であればほとんどの治療が可能なので、気になる症状がある方はぜひご来院ください。薬剤の使用や飲み薬には注意が必要なので、慎重に治療を進めます。
ページトップへ