DENTURE

入れ歯の種類

マグネット義歯

マグネット義歯は、義歯に磁石を埋め込み、その力によって固定する義歯です。歯根が少しでも残っている場合、歯根の中に金属を取り付けます。義歯の中には磁石を取り付け、磁力で義歯を維持させます。 通常の義歯は、残っている歯が少ない場合、留め金で固定すると支えている歯に負担がかかり、支えの歯も失ってしまう可能性があります。しかし、マグネット義歯であれば、残っている歯に負担がかからず、強度を維持できます。また、もしその歯を抜くことになっても、簡単に修理できます。マグネット義歯を作るのにそれほど難しい処置は必要ないので、いままで通常の義歯を使っていた方が、マグネット義歯に替えることも可能です。

※写真は下層の義歯に2つマグネットが埋入されています。

  • 上顎2本のマグネットのレントゲン写真です。

  • 上レントゲンの口腔内の様子です。白円内の写真はマグネットの拡大写真です。

  • 義歯裏側に埋められたマグネット。

ナチュラルデンチャー

ナチュラルデンチャーは、金属の金具を使用しない見た目の自然観を重視した入れ歯です。従来の入れ歯は金属のバネがあるため、見た目が気になるという方も、ナチュラルデンチャーは自然な色で目立ちません。さらに非常に薄いため違和感が少なく装着感が良くなります。柔軟性のある素材を使用しているため、壊れにくく衝撃にも強い点が特徴です。金属を使用していないため、金属アレルギーの方も使用することができます。

※写真右側のようにナチュラルデンチャーは、金属の金具を使用しません。

よくあるご質問

保険診療の義歯と自費診療の義歯の違いは何ですか?
総義歯も部分義歯も、保険診療のものは使える材料が決まっており、人工歯と床(しょう:歯肉の部分)はレジン(プラスチック)でできています。部分義歯であれば留め金があります。必要最低限の機能性と審美性がありますが、自費診療のものには劣ります。自費診療のものは素材にこだわることができ、しっかり噛めて留め金もないなど、機能や見た目にこだわることができます。機能性と審美性に優れていますが、全額患者さま負担の自費診療なので、保険診療のものより高額になります。
入れ歯ができ上がるまでの期間はどれぐらいですか?
症例によって異なりますが、通常は1~3ヵ月ほどででき上がります。入れ歯は、残っている歯や歯肉に合わせて作ります。そのため、ぴったりと合う入れ歯を作れるよう、まずは歯や歯肉の状態を改善する必要があります。虫歯や歯周病の治療などを行なうこともあるため、症状によって期間が異なります。
1本だけ歯を抜いたのですが、義歯とブリッジではどちらがいいですか?
義歯を選ぶ場合は、部分義歯を使います。部分義歯は両隣の歯に留め金を掛けて固定するもので、取り外しできます。ブリッジは両隣の歯を削ってそれを支えにし、橋を渡すように人工歯を取り付けるもので、取り外しはできません。いずれにせよメリット・デメリットがあるため、検査を受けて残っている歯の状態などを確認し、より適した方を選ぶことが大切です。
マグネット義歯のメリットを教えてください。
金属の留め金を目立ちにくくできるだけでなく、磁力を用いるので義歯がはずれにくくなります。また構造がシンプルなため、メンテナンス性にも優れています。
マグネット義歯のデメリットを教えてください。
MRIなど磁力を使った断層撮影装置を利用して検査する際は、義歯をはずす必要があります。また心臓ペースメーカーを使用している方は使えません。

料金

  • 入れ歯+マグネット300,000円(税別)
ページトップへ