CHILD

お子さまの歯を守るために

お子さまの乳歯が虫歯になったとき、「いずれ永久歯に生え変わるから」と放置する方がいらっしゃいます。しかし乳歯は、永久歯の歯並び、噛み合わせ、虫歯になる危険性などに影響します。乳歯の虫歯を放置することで永久歯に悪影響を及ぼし、将来口の健康を損なってしまうことがあります。

ご家族の方は、お子さまが将来口の健康を損なうことのないよう、お子さまの口を見てあげる必要があります。お子さまが自分で歯磨きできない年齢であれば、食事の後は必ず歯磨きしてあげましょう。自分で歯磨きできるようになっても、必ず仕上げ磨きをしてあげることが大切です。同時に、小さなころから歯の大切さを教えることで、自分の口の健康を意識できるようになります。乳歯が生えてきたときから虫歯になる危険性があることを念頭に置き、お子さまも定期検診にお連れください。小さいときから通院することで歯科医院に慣れ、将来歯科医院嫌いにならずにすみます。

当院でできる予防方法

シーラント

乳歯の奥歯には、深くて複雑な形状の溝があります。そのため磨き残しが出やすく、乳歯のなかで最も虫歯になりやすい部分となっています。この溝をレジン(樹脂)であらかじめふさぐことで、食べかすや細菌の侵入を防ぎ、お子さまの歯を虫歯から守ることができます。

フッ素塗布

歯の表面に、再石灰化を促して歯質を強くするフッ素を塗り、虫歯に強い歯にします。市販の歯磨き剤などにもフッ素が配合されているものが多いため、ご家庭でもフッ素を取り入れているという方が多くいらっしゃいますが、歯科医院で塗るフッ素は市販のものよりも強力なので効果が期待できます。
痛みなどを感じることなく、簡単にすむ処置なので、歯科医院に慣れていない小さなお子さまでも受けていただけます。お子さまの歯を虫歯から守るためにもぜひご利用ください。
なお、フッ素塗布はお子さまのだけのものというわけではなく、大人の方にも有効です。より効果的に虫歯予防をしたいという方は、お気軽にお越しください。

よくあるご質問

親の虫歯が子どもにうつることはありますか?
ご家族の方が噛み砕いた食べ物を、お子さまに食べさせることがありますが、このときご家族の方の口の中に虫歯の原因となるミュータンス菌がいると、食べ物を介してお子さまの口にうつります。このような食べ物の与え方をするのはやめましょう。
生えたての乳歯は虫歯になりやすいのですか?
生えたての乳歯は永久歯に比べて軟らかいものです。歯が生えると、唾液に含まれているカルシウムなどがエナメル質に入り込むことで、歯が少しずつ硬くなっていきます。つまり、生えたての乳歯はきちんとでき上がっていないため、虫歯になりやすいといえます。
子どもが通院を嫌がるのですが、どうしたらいいですか?
まず、「歯医者さんは怖い場所」と思わせないようにしましょう。満腹な時間帯や昼寝前の時間帯に行くのも避けましょう。また、ご家族が治療するときに一緒に連れてきて、においや音に慣れさせたり、日頃から歯の役割や大切さなどを話してあげることで、順調に受診できる可能性が高くなります。
ページトップへ