医療法人社団 栄桜会 杉の木歯科医院 SUGINOKI DENTAL OFFICE

千葉県富里市で保険診療、インプラント、アンチエイジングに取り組む地域密着型の歯医者、杉の木歯科医院の一般歯科

ご予約・お問合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
0476-93-1155
文字の大きさ

一般歯科

虫歯治療

虫歯治療

虫歯とは

虫歯とは

口の中にはたくさんの細菌がおり、食べかすに含まれる糖を栄養分として酸を作ります。虫歯は、その酸によってエナメル質(歯の表面)の成分が溶け出す『脱灰』という作用により、歯に穴があいてしまう病気です。
ただし、唾液の中には脱灰した部分を修復する成分が含まれているため、ごく初期の脱灰であれば自然に元の状態に戻ります。これを『再石灰化』といいます。この脱灰と再石灰化は繰り返されますが、飲食の回数が多いなど、歯に糖が付着している時間が長いと脱灰が進み、再石灰化が追い付かなくなってしまいます。こうなると歯は元の状態に戻らなくなり、穴があいてしまいます。
これが本格的な虫歯の始まりであり、この段階になると自然に元に戻ることはありません。

虫歯の進行

虫歯は段階によって症状や治療方法が異なります。軽症であれば簡単な治療ですみますが、重症になるほど治療が複雑になって治療期間や治療費がかかり、患者さまの負担になってしまいます。
それを減らすためには、早期発見、早期治療が大切です。各段階の症状を知り、虫歯が疑われたらすぐに治療を受けましょう。また、日頃からの丁寧な歯磨きや定期検診の受診で、発症や進行の予防に努めましょう。

  • 初期 初期

    エナメル質(歯の表面)に穴があきます。見た目は変わらず、自覚症状もありません。丁寧に歯磨きしていれば、再石灰化で自然に元の状態に戻ります。

  • 中期 中期

    エナメル質に穴があきます。見た目でわかりますが、自覚症状はありません。患部を削って詰め物で補います。

  • 後期(前半) 後期(前半)

    虫歯が象牙質(エナメル質の内側の歯の主要部分)まで進行した状態で、冷たいものや甘いものがしみます。患部を削って詰め物や被せ物で補います。

  • 後期(後半) 後期(後半)

    虫歯が歯髄(神経や血管の束)まで進行した状態で、炎症や激痛が出ます。根管治療(歯髄の通っている根管という管を清掃・除菌して薬を詰め、被せ物で補う治療)を行ないます。

  • 末期 末期

    歯冠(歯の上部で歯肉の上に出ている部分)が破壊した状態です。歯髄も壊死しているので痛みはありません。抜歯してインプラント、ブリッジ、入れ歯などで補います。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは

歯周病は、歯肉、歯槽骨(歯を支える骨)、歯根膜(歯根と歯槽骨をつなぐ組織)、セメント質(歯根の表面を覆う組織)からなる歯周組織に発症する病気です。
丁寧に歯磨きしていても、歯周ポケット(歯と歯肉の境目)には少しずつ歯垢(細菌の塊)が溜まっていきます。歯垢の中の細菌は毒素を出すため、歯肉に炎症が起き、やがて腫れや出血が見られるようになります。同時に歯槽骨も少しずつ溶けるため、放置していると歯を支えきれなくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病は、年齢や性別を問わず多くの方がかかるため、国民病といわれています。そして歯を失う最大の原因は、この歯周病なのです。しかし、痛みがなく自覚症状のないまま進行するため、病気に気づかないことが多く、異変を感じたときには重症になっているということがよくあります。
そうなると治療期間や治療費がかかり、患者さまの負担になってしまうため、歯周病が疑われたらすぐに治療を受けましょう。また、発症や進行の予防に努めることが大切です。

歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

歯周病は、段階によって症状や治療方法が異なります。軽症であれば丁寧な歯磨きなどで治りますが、重症になるほど治療が複雑になり、手術をともなう外科治療が必要になることもあります。そのようなことにならないよう、歯周病が疑われたらすぐに治療を受けましょう。
歯周病治療は、以下のような流れで行ないます。

1 カウンセリング

健康状態や生活習慣などをお聞きし、そこから歯周病の原因として考えられるものを確認します。

2 検査、診断、治療計画

歯周ポケットの深さ、歯肉の腫れ・出血、歯のぐらつきなどを検査し、それを元に診断して治療計画を立てます。

3 初期治療

歯磨き指導を行ない、正しい磨き方を習得していただきます。
その後、スケーリング(専用器具で歯石を取り除く処置)とルートプレーニング(スケーリング後、専用器具で歯周ポケットの奥に溜まった歯石を取り除き、ざらざらしている歯の表面を滑らかにして歯垢をつきにくくする処置)を行ない、歯肉の炎症を改善します。

4 初期治療後の検査

初期治療の効果が見られたら検査を行ない、効果が見られなければ再び初期治療を行ないます。

5 歯周外科治療・歯周組織再生誘導法

初期治療の効果が見られなければ歯周外科治療(歯肉を切開して歯石を取り除く処置)や歯周組織再生誘導法(歯周組織を再生させる処置)などを行ないます。

6 再検査

歯周外科治療、歯周組織再生誘導法の効果が見られたら検査を行ない、効果が見られなければ今後の治療計画を立てます。

7 メンテナンス

3~6ヵ月に一度定期検診を行なって歯肉の状態や歯の磨き方を確認し、仕上げにPMTC(専用器具による歯のクリーニング)を行ないます。

歯周病予防

歯周病予防

歯周病予防で最も効果的なのは、『プラークコントロール』です。歯周病の原因となるプラーク(歯垢)は、丁寧に歯磨きしていても完全に取り除くことはできません。しかし、量を減らすことなら可能であり、それが予防につながります。
プラークコントロールの最も身近で代表的な方法は、日常的に行なえる歯磨きですが、洗口液の使用やぶくぶくうがいなどもプラークコントロールに含まれます。これらの方法と合わせ、歯科医院で定期的にPMTCを受けることで、さらに効果が期待できます。
歯垢は時間がたつと石灰化して硬くなり、歯石へと変わります。歯石になると歯磨きなどの日常的なケアで取り除くことができなくなります。そのようなときは放置せず、歯科医院でスケーリングやルートプレーニングなどを受けて取り除いてもらいましょう。
日頃からプラークコントロールを行なって歯垢を減らすことを意識し、歯周病を予防しましょう。

小児歯科

小児歯科

お子さまの歯を守るために

お子さまの乳歯が虫歯になったとき、「いずれ永久歯に生え変わるから」と放置する方がいらっしゃいます。しかし乳歯は、永久歯の歯並び、噛み合わせ、虫歯になる危険性などに影響します。つまり、乳歯の虫歯を放置することで永久歯に悪影響を及ぼし、将来口の健康を損なってしまうことにつながるのです。
ご家族の方は、お子さまが将来口の健康を損なうことのないよう、意識的にお子さまの口を見てあげる必要があります。お子さまが自分で歯磨きできない年齢であれば、食べ物を口にした後は必ず歯磨きしてあげましょう。自分で歯磨きできるようになっても、必ず仕上げ磨きをしてあげることが大切です。同時に、小さなころから歯の大切さを教えることで、自分の口の健康を意識できるようになります。
ご家族の方は、乳歯が生えてきたときから虫歯になる危険性があることを念頭に置き、お子さまも定期検診にお連れください。小さいときから通院することで歯科医院に慣れ、将来歯科医院嫌いにならずにすみます。

シーラント

シーラント

乳歯の奥歯には、深くて複雑な形状の溝があります。そのため磨き残しが出やすく、乳歯のなかで最も虫歯になりやすい部分となっています。
この溝をレジン(樹脂)であらかじめふさぐことで、食べかすや細菌の侵入を防ぎ、お子さまの歯を虫歯から守ることができます。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯の表面に、再石灰化を促して歯質を強くするフッ素を塗り、虫歯に強い歯にします。市販の歯磨き剤などにもフッ素が配合されているものが多いため、ご家庭でもフッ素を取り入れているという方が多くいらっしゃいますが、歯科医院で塗るフッ素は市販のものよりも強力なので効果が期待できます。
痛みなどを感じることなく、簡単にすむ処置なので、歯科医院に慣れていない小さなお子さまでも受けていただけます。お子さまの歯を虫歯から守るためにもぜひご利用ください。
なお、フッ素塗布はお子さまのだけのものというわけではなく、大人の方にも有効です。より効果的に虫歯予防をしたいという方は、お気軽にお越しください。

一般歯科のよくあるご質問

一般歯科のよくある質問

痛みはないのですが、歯の溝が黒くなってしまいました。虫歯ですか?
虫歯の初期段階の可能性が高いですが、見た目だけで進行の程度を判断するのは困難です。虫歯であってもこの段階で治療を行なえば簡単にすみ、治療期間や治療費がそれほど負担にはならないので、すぐにご来院いただくことお勧めします。
詰め物が取れてしまったのですが、どうすればいですか?
取れた詰め物をお持ちであればご持参ください。その部分が虫歯になっていなければ、取れた詰め物で補って元に戻せます。詰め物をなくしてしまったら、型をとって詰め物を作ります。取れたまま放置すると虫歯が進行してしまうので、すぐにご来院いただくことお勧めします。
妊娠中でも治療を受けられますか?
妊娠の可能性がある方や妊娠中の方は事前にお申し出いただき、歯科医師と十分ご相談し、納得したうえで治療をお受けください。安定期であればほとんどの治療が可能なので、気になる症状がある方はぜひご来院ください。薬剤の使用や飲み薬には注意が必要なので、慎重に治療を進めます。

歯周病治療のよくあるご質問

歯周病は何歳くらいから気をつければいいですか?
歯周病の原因は歯垢の中にいる細菌です。そのため、歯が生えてきたときから歯周病に気をつける必要があります。以前は年齢層の高い方がなる病気といわれていましたが、子どもでも歯周病になります。歯周病を予防するためには、日頃からプラークコントロールを行なって、歯垢を減らすことが大切です。
歯周病はほかの病気にも関係するのですか?
歯周病の原因菌は、心臓疾患、糖尿病、早産などさまざまな全身疾患に悪影響を及ぼす可能性があります。口の健康だけでなく全身の健康を守るためにも、歯周病の予防と早期治療を行なうことが大切です。
歯周病とたばこはどのような関係があるのですか?
たばこは歯肉の血流を悪くし、細菌へ抵抗力を低下させてしまいます。そのため歯周病にかかりやすくなったり、症状がより重くなります。歯周病の発症や進行を予防するためには、減煙または禁煙することが大切です。

小児歯科のよくあるご質問

親の虫歯が子どもにうつることはありますか?
ご家族の方が噛み砕いた食べ物を、お子さまに食べさせることがありますが、このときご家族の方の口の中に虫歯の原因となるミュータンス菌がいると、食べ物を介してお子さまの口にうつります。このような食べ物の与え方をするのはやめましょう。
生えたての乳歯は虫歯になりやすいのですか?
生えたての乳歯は永久歯に比べて軟らかいものです。歯が生えると、唾液に含まれているカルシウムなどがエナメル質に入り込むことで、歯が少しずつ硬くなっていきます。つまり、生えたての乳歯はきちんとでき上がっていないため、虫歯になりやすいといえます。
子どもが通院を嫌がるのですが、どうしたらいいですか?
まず、「歯医者さんは怖い場所」と思わせないようにしましょう。満腹な時間帯や昼寝前の時間帯に行くのも避けましょう。また、ご家族が治療するときに一緒に連れてきて、においや音に慣れさせたり、日頃から歯の役割や大切さなどを話してあげることで、順調に受診できる可能性が高くなります。

口腔外科

口腔外科

口腔外科とは

口腔外科とは

歯科の治療の主な対象のなるのは歯ですが、『口腔外科』の治療の主な対象となるのは、顎関節症、親知らずの抜歯、歯の破折、口内炎、腫瘍など顎や顔面などに現れる病気であり、口の中の病気だけとは限りません。
この分野の病気になると、食事、発音、会話などが思うようにいかず、不便を感じることがあります。また、症状によっては顔が変化することがあります。顔という最も目立つ部分に、機能的にも審美的にも問題が生じてしまうことで、ショックを受ける患者さまもいらっしゃいます。
しかし、口腔外科分野で歯科とは異なる専門的な治療を行なうことで、機能性・審美性が回復しやすくなります。心身の健康を取り戻していただき、再び明るい笑顔を見せていただけるよう治療させていただきます。

顎関節症

顎関節症

顎関節は下顎を動かす関節のことです。慢性的な顎の痛み、口の開閉困難、カクカクという動作音などを感じる場合は、『顎関節症』の可能性があります。それにともない、頭痛、耳鳴り、肩こり、腰痛、不定愁訴(漠然とした身体の不調)など、口周りだけでなく全身の症状が現れることもあります。
顎関節症になる主な原因には、噛み合わせの悪さ、全身の筋肉のねじれ、骨の歪み、歯ぎしりなどの悪習癖、ストレスなどがあります。また、それらが組み合わさっていることも珍しくはありません。
口を開ける訓練、装置の使用、悪習慣の断絶などで治療できますが、症状や原因を考慮したうえで患者さまに合う治療方法を選ぶことが大切です。
顎関節症を改善することで、全身のつらい症状も改善され、健康を取り戻すことができます。お悩みの方はぜひご相談ください。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

『親知らず』は上下左右の一番奥に生えてくる歯ですが、すべての方に生えてくるとは限りません。1本だけ生えたり、存在していても骨の中に埋まっていて生えてこないということもあります。
「親知らずは抜かなければならない」と思っている方が多いようですが、正常に生えて、隣の歯や噛み合わせに悪影響がなく、きちんと歯磨きできるのであれば、無理に抜く必要はありません。
しかし、磨き残しが出てしまうような生え方をしているときには、虫歯や歯周病の発症、隣の歯への圧迫、噛み合わせの悪化など、全身の健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、抜いた方がいいといえます。抜歯の必要性は、患者さまの口の中を検査し、親知らずの生え方や神経との位置関係などを考慮したうえで判断します。
親知らずの痛みやその周りの歯肉の腫れが見られる方、また、特別な症状がなくても生え方が気になるという方は、ぜひ一度ご来院ください。

口腔外科 よくあるご質問

口を開けるときにカクカクと音がし、顎の関節が痛みます。どうしたら治りますか?
顎の関節には、関節円板というクッションの役目をする部分があります。この関節円板のずれや関節炎など、関節周りで不具合が起きていると考えられます。原因は、噛み合わせの悪さや歯ぎしりなどの悪習癖などさまざまです。治療は開口の訓練、スプリント(顎関節治療用マウスピース)の装着、薬剤の使用などがあり、それらを組み合せて行なうこともあります。気になる症状がある方は放置せず、ぜひご相談ください。
親知らずは抜かなければならないのですか?
正常に生えて、隣の歯や噛み合わせに悪影響がないのであれば、抜く必要はありません。しかし親知らずは、一番奥に生えているため磨きにくく、磨き残しが出てしまい、虫歯なる危険性の高い歯です。虫歯になったり痛みが出た時は抜いた方がいいでしょう。骨の中に埋まっている親知らずに痛みが出ることがありますが、その場合は早急に抜くことをお勧めします。
口内炎がなかなか治らず困っています。どうしたらいいですか?
口内炎には、周囲が赤く中心に潰瘍のあるアフタ性口内炎、ウイルスによって発症する口内炎などがあります。通常、放置していても1~2 週間で治ります。市販薬もあるのでそれを利用することもできます。それでも治らないときは他の病気である可能性も考えられるで、すぐに受診してください。